2013年 12月 31日

『白川郷』

b0244602_1111489.jpg

 夜明け前の白川郷の集落。わずかな街灯りが雪を照らし、とても幻想的な情景です。出来れば窓から明かりが漏れていたりすると最高でしたが、結局灯りが点されることはありませんでした。

 写真を見るととても寒そうですが、この日はそれほどでもなく、降っている雪もパウダースノウで手で払えば落ちてしまうほどで濡れることもありませんでした。撮影を終え、駐車場に戻るころには観光客が押し寄せてきてその大半が日本語が通じない方々でさながら天安門広場でした。

 古民家もそのほとんどが土産物屋、民宿、博物館となっており、ちょっと想像していたものとは違いました。看板や自動車が映りこまないように気を使う場面もしばしば。それでもこの素晴らしい景観は他では見られないものでした。”弾丸撮影”ではあったものの念願の白川郷に行くことが出来、今年一年の撮り納めとして最高の一日でした。

b0244602_11112569.jpg
b0244602_11113539.jpg
b0244602_11114466.jpg
(すべてホワイトバランスは太陽光)


 ※撮影日:2013年12月30日
[PR]

by alpine3180 | 2013-12-31 11:23 | 白川郷


<< 『富士へ続くオレンジの河』      『残り柿・白川郷』 >>