2013年 12月 31日

『色彩のない情景・白川郷』

b0244602_1091216.jpg

 以前から念願だった世界遺産”白川郷”に『日帰りっ!』で行ってきました。夜中の1時30分に多摩の自宅を出発し、中央道を松本ICまで走行します。松本ICからは上高地、安房トンネルを超え、岐阜県高山まで山道を走行。上高地沢渡あたりまでは路面に積雪もありませんでしたが、安房トンネルを越えたあたりからは完全な雪道。それでもスタッドレスタイヤで充分でスリップなどもなく順調に道を進みます。山岳道路を抜けると東海北陸自動車を利用し、白川郷ICまで進み、目的地の白川郷には予想時刻どおりの朝の6時ごろに到着しました。

 まずは誰もいない展望台の駐車場に車を止め、白川郷を俯瞰で眺めます。当たり前ですがテレビや写真で見た光景が広がっています。特段のライトアップなどは行っていませんが、街灯りが綺麗でした。撮影場所もそうですが、白川郷一帯が深い雪に覆われています。念のため画像はカラーです(笑)。空は雲に覆われ、すべてのものが雪に隠されている情景は都会の人間からすれば非現実的です。

b0244602_1092524.jpg
b0244602_1093799.jpg
b0244602_1094754.jpg
b0244602_1095570.jpg


 ※撮影日:2013年12月30日
[PR]

by alpine3180 | 2013-12-31 10:26 | 白川郷


<< 『白川郷合掌造り集落』      『雪景色と霊峰富士・忍野村』 >>