2013年 11月 10日

『高ボッチ高原の夜明け』

b0244602_1124555.jpg

 自宅を出発する時点でのこの日の諏訪・北杜・甲府・山中湖方面の天気予報は夜中から午前中いっぱいは晴れ!でした。自宅からここ高ボッチ高原までは片道3時間ぐらいかかりますので、霧で視界なしとか厚い雲で富士山が全く見えないとかは出来れば避けたく、前日から何度も天気予報を確認していました。予報では晴れでも不安は拭い切れず、途中の相模湖周辺で霧が発生してると不安、甲府を過ぎた辺りから空が雲で覆われてると不安、諏訪湖SAで岡谷方面の山に雲がかかってると不安の連続(笑)。最終的には高ボッチ山への林道を登るにつれ不安は解消されるわけですが。。。

 まだ一台も車が停められていない頂上付近の駐車場に車を止め、真っ暗な遊歩道をヘッドランプを頼りに10分ほど頂上に向け歩を進めると諏訪の街灯りがキラキラと輝いているのが見え、空には流れ星と満天の星。 雲海もかろうじて諏訪湖が見える程度に広がっていましたが、時間の経過とともに諏訪湖も街灯りも完全に覆うようになっていきました。

 日の出の時刻が近づいてくると富士山方面の空は綺麗な朝焼けとなり、かろうじて雲海からもれてくる街灯りとの共演となり幻想的な景色が広がります。時間の経過とともに刻一刻とかわる色彩をとらえようとシャッターを切り続けました。

 結局朝の3時ぐらいから8時ぐらいまで5時間ぐらい撮影に没頭していました^^;。その間ず~っと立ちっぱなし、かなり寒くて鼻水は垂れるは手は悴んで感覚がなくなるし。。。

b0244602_11241879.jpg
b0244602_11245475.jpg
b0244602_1125380.jpg
b0244602_11251261.jpg


 ※撮影日:2013年11月9日
[PR]

by alpine3180 | 2013-11-10 11:50 | 富士山_黎明


<< 『紅葉・中津峡』      『怪しく輝く虹色の雲海・高ボッ... >>