2012年 11月 26日

『東洋のドーバー・屏風ヶ浦』

b0244602_19382331.jpg

 千葉県の銚子と飯岡の間の海岸線に10km続く断崖絶壁”屏風ヶ浦”の近くを通過したので少し立ち寄ってみました。ここは野鳥を撮影しているときに何度か来たことがあり、その時はあまり興味を持ちませんでしたが、今回改めてじっくりと見てきました。

 イギリスとフランスの間のドーバー海峡の白い壁に匹敵するということで東洋のドーバーと呼ばれています。まずは銚子マリーナに車を止め、延々と海岸線に沿って歩いていきます。途中遊歩道が崩壊してしまい立ち入り禁止の看板があるポイントで釣り人に混ざって撮影。

 なかなかの絶景でもあり、崖の上ではテレビや映画の撮影に使われていることが多いようで、この日も何かの撮影をしていました。

 ただ。。。波消しブロックや遊歩道など撮影には少し邪魔な感じで、さらにはゴミも目立っていたので、ここは昼間ではなく、朝夕や満月の夜などに撮影するのが良さそうな感じでした。 

b0244602_19392187.jpg
b0244602_19393963.jpg
b0244602_1940743.jpg


 ※撮影日:2012年11月25日
[PR]

by alpine3180 | 2012-11-26 20:05 | 渓谷・滝


<< 『大洗海岸』      『鳩ノ巣渓谷』 >>