2012年 02月 05日

『Snow Monkey・その2』

b0244602_21820100.jpg

 目的だった昨年春に生まれた子猿の撮影。写真では伝えきれないほどの愛らしさが溢れ出ていました。この日は気温も少し高めだった所為か温泉に入っているサルたちは少なかったようです。野鳥撮影で身に付けた”動き回らず、相手が近くにやってくるのをじっと待つ”作戦はサル相手にも有効でした。

 撮影にあたっての注意点は肉眼でサルと眼を合わせないこと、触らない、携帯ストラップのようなプラプラするものを身につけないことだそうです。皆さんやはり子猿を撮影したいようで子猿の前には人がいっぱい^^;ザハトラーの雲台にムービーを載せた海外の撮影スタッフから携帯電話カメラまで。。。

 ちなみに現場の様子はライブカメラで撮影されていて当日の15時の写真に私、ちょこっと写ってました(笑)

 子猿は温泉の中を潜ったり、気に入っている休憩ポイントで休んだり(この辺は野鳥と同じ)、たまに大人のサルに脅されて逃げ回ったりと写真なんか撮らずに見てるだけで十分に楽しめると思います。また新しい命が宿される春に生まれたばかりの子猿とお母さんを新緑の中で撮影したいものです。次回は親子ザルの様子でも。。。

b0244602_2134324.jpg
b0244602_21475277.jpg
b0244602_2224506.jpg
b0244602_21485899.jpg
b0244602_21521591.jpg
b0244602_22255680.jpg

 ※撮影日:2012年2月4日
[PR]

by alpine3180 | 2012-02-05 22:27 | 野生動物


<< 『Snow Monkey・その3』      『Snow Monkey・その1』 >>