2012年 01月 09日

『三十槌の氷柱(みそつちのつらら)』

b0244602_19135695.jpg

b0244602_19125821.jpg

b0244602_1974529.jpg

b0244602_1991029.jpg

b0244602_19142738.jpg

b0244602_19132693.jpg

b0244602_19105412.jpg


 埼玉県奥秩父の名勝「三十槌の氷柱」を見てきました。岩肌から滲み出る清水が凍ることによって出来る自然の造形物として知られています。これからが本番ですが、なかなか出かける機会もないかと思い、今日出かけてきました。

 駐車場から急坂を降りていくと荒川沿いの終日陽が当たらない山肌にいくつかの氷柱の集合箇所があり、圧巻な姿を見せてくれると思います。これからは夕刻にはライトアップなどもされるようですので恐らく幻想的な姿も見せてくれるのだと思います。

 構図は難しく感じました。氷柱全体を取り入れるか、氷柱の一部をクローズアップするか、とても迷いました。山肌が雪で覆われていたりすると全体を取り入れていいと思うのですが、いかがでしょう。答えは見つからないまま帰路につきました(笑)

 ※撮影日:2012年1月9日



 
[PR]

by alpine3180 | 2012-01-09 19:49 | 渓谷・滝


<< 『晴海埠頭〜東京タワー〜』      『大桟橋〜遠景富士』 >>