<   2013年 05月 ( 12 )   > この月の画像一覧


2013年 05月 27日

『越後の清流・清津峡』

b0244602_23125177.jpg


 日本三大渓谷のひとつ清津峡。信濃川の支流清津川の流れが造った渓谷であり、全長約12.5km。洗濯板のようにデコボコした岩礁と碧い水面が美しい。しかし残念ながら過去に死亡事故が起こったこともあり、渓谷沿いの登山道は立ち入り禁止となっており、今ではその一部しか眺望することが出来なくなっています。

 清津峡温泉側から清津峡渓谷トンネルに入り、全部で4箇所の展望口から覗き込む格好となりますので、あまりダイナミックな景色は堪能できません。ただ、同じく日本三大渓谷の黒部峡谷のような危険度はないので安心して歩行出来るのは良いのかも知れません。

 全長は往復で1.5km。間違いなくこの渓谷にはヤマセミがいると思います。もしかしたらアカショウビンもいるかも。。。


 撮影日:2013年5月25日




 
[PR]

by alpine3180 | 2013-05-27 23:28 | 渓谷・滝
2013年 05月 27日

『棚田黎明・星峠』

b0244602_19494095.jpg


 昨年もチャレンジした棚田の夜明けの撮影。昨年は濃霧により全く撮影が出来なかったという残念な結果に終わっていまして、その再チャレンジに昨年と同じく新潟県十日町の星峠に行ってきました。

 前日の夜のうちに東京の自宅を出発し、3時ぐらいには現地に到着しましたが、予想通り大勢のカメラマンが集結しており、良いポイントは人で埋め尽くされていました^^;

 仕方なくあまり人がいないポイントで夜明けを待つことにしました。少しぐらいは霧が発生して雲海のようになっても良かったのですが、棚田の上には霧は発生せず、昨年とは大違いの撮影環境です。PLフィルター使用かつアンダー目に撮影してみましたが、ポジフィルム(ベルビア)ならではの写真となりました。

 日本の原風景を存分に堪能出来たので、長距離ドライブの疲れも忘れてしまいました^^

b0244602_19502666.jpg
b0244602_19542418.jpg
b0244602_19505126.jpg


 ※撮影日:2013年5月25日
[PR]

by alpine3180 | 2013-05-27 20:07 | 棚田
2013年 05月 20日

『ムクドリ』

b0244602_9381161.jpg
※ムクドリ若鳥【神奈川県】

 以前の記事で我が家の近くでムクドリが営巣していて、そろそろ巣立ちの時が近いと書き込みましたが、依然として雛たちは巣から出ようとはしていません。親鳥が近くの電線や電柱に餌を咥えながら巣立ちを促していますが、その努力も今のところ実っていません。

 ムクドリはカメラマンには正直言って全く人気がなく、撮影している人を見たことがありません。私自身もそれほど撮影していませんが、それでも大きなレンズで何度か撮影したものがありましたので記載してみます。

 先のムクドリもそろそろいい加減巣立つと思われるので、その瞬間に立ち会ってみたいと思い、ベランダから外を見つめる日が続いています。

b0244602_9382275.jpg
※【東京都】
[PR]

by alpine3180 | 2013-05-20 09:48 | 野生動物
2013年 05月 14日

『思い出の野鳥~夏鳥』

b0244602_14153667.jpg
*メスとの給餌の交換を終えたツミ♂【神奈川県】

 我が家の近くの民家では毎年ムクドリが営巣をしており、昨日ぐらいから親鳥が巣の近くで餌を加えながらしきりに雛を外に出すように促しています。恐らく2,3日中には雛が巣立っていくことでしょう。
 ムクドリは留鳥で一年中見ることが出来る鳥ですが、今の季節は東南アジア方面などから繁殖のため日本に多くの鳥がやってきます。この夏鳥には魅力的な野鳥が多く、野鳥を撮影しているときは森林奥深くや草原など足しげく通ったものです。
 そんな中でも気に入った野鳥の一部をまたまた紹介しようと思います。1枚目のツミはちょうど捕食してきたスズメをメスに渡した直後のシーンです。そのメスがヒナに給餌して子育てをしていました。

b0244602_1415469.jpg
*マミジロ♂【静岡県】
 このマミジロは私がもっとも興奮して撮影した鳥です。黒い鳥が新緑の中綺麗な囀りで目の前に登場したときの感動は今でも忘れられません。

 
b0244602_14155840.jpg
*アカショウビン【長野県】
 言わずと知れたアイドルバード”アカショウビン”。キョロロロロ~♪という囀りは静かな森の中で聴くとなんともいえないいい気分にさせてくれます。ただ、関東近辺では特定の場所以外ではあまり見ることが出来なくなってしまったのが残念なところです。

b0244602_14161130.jpg
*アカモズ【静岡県】
 モズの仲間ですが、本家モズとはものすごく仲が悪いようでず~っと喧嘩していました。高原の中をうろちょろしてやっと見つけたときはうれしかった記憶があります。

 
b0244602_14162348.jpg
*オオルリ【静岡県】

b0244602_14163497.jpg
*サメビタキの子供【長野県】
 上高地を散策し、林道をかなり奥まで進むとサメビタキが親子で仲良く木に留まっていました。親鳥はしばらくすると姿を消しましたが、この子供だけはず~っと10mぐらいの範囲を行ったり来たりしていました。とてもかわいらしい仕草でした。

b0244602_14165143.jpg
*ニュウナイスズメ♂【長野県】

b0244602_1417540.jpg
*近すぎて尾羽が入らなかったサンコウチョウ♂【神奈川県】

b0244602_14172054.jpg
*ツツドリ【埼玉県】


 これらの鳥が今でも同じ場所に姿を見せていることを願うばかりです。
[PR]

by alpine3180 | 2013-05-14 14:54 | 野生動物
2013年 05月 09日

『ミツバツツジ』

b0244602_9413232.jpg

 富士山の麓、鳴沢の原生林の至る所にミツバツツジが群生しています。自動車で通過するだけだとあまり目立ちませんが、林の奥にはところどころ綺麗な花を咲かせています。

 出来れば霧がかかったりして幻想的な雰囲気で撮影したかったのですが、超がつくほどの晴天で日差しも強く、出来るだけ日陰に咲いている花を探して撮影してみました。

 フィルムもベルビアを使いましたが。。。やはりダメですね^^; 次に花単独を撮影する場合は別のフィルムに変えないといけませんね。あまり花は撮影したことがないので何がいいでしょう?


 ※撮影日:2013年5月4日




 
[PR]

by alpine3180 | 2013-05-09 09:50 | 森林・丘陵
2013年 05月 08日

『幻想の紫霧』

b0244602_21522471.jpg

 下の投稿記事とは違う日に再度甘利山に出向きました。この日はだいぶ気温が高くなりそうでしたので、雲海は無理でも霧ぐらいは発生するかと勝手に推測し、夜明け前の3時30分ぐらいに現地入りしました。

 甲府盆地の夜景が幽かに霞んでいる様子と富士山にも霧がかかっているようでした。まだ辺りは暗かったのでバルブ撮影を開始し、空に少し色がついたころでシャッターを閉じました【1枚目】。

 刻一刻と状況が変化する中、慣れないハッセルで何とかこのシーンを切り撮ろうと悪戦苦闘^^;。この日も紅い太陽が姿を現し、朝靄の中やわらかい光で山並みを照らし始めました。

 ツァイスのレンズの発色を期待してこの幻想的なシーンを撮影してみましたが、何とか露出も合ってくれたようです(もちろん段階露出してますが。。。^^;)。今度は長野の高ボッチ高原でもタイミングが合えば行ってみたいと思っています。

b0244602_21524976.jpg
b0244602_2153460.jpg
b0244602_2153189.jpg
b0244602_21533072.jpg


 ※撮影日:2013年5月6日
[PR]

by alpine3180 | 2013-05-08 11:06 | 甘利山
2013年 05月 08日

『甲斐の国・黎明』

b0244602_2205753.jpg

 ゴールデンウィークの後半は山梨県の甘利山に甲府盆地の夜景と夜明けの美しさを求めて何度か足を向けました。まずはあまり霧がかからず比較的すっきりした空気の中撮影した数枚です。2枚目から順に時間ごとの変化を表し、1枚目が最後に撮影した写真になります。

 日の出の瞬間には紅い太陽が稜線から姿を現しました。紅い太陽は久しぶりに見たかもしれません。甘利山は標高1731mの山で撮影は頂上手前のあずま屋のある開けた場所からになります。夜明け前の4時には現地に到着しましたが、すでにカメラマンでいっぱいでした。

 次回は霧に霞む中で撮影した数枚を掲載します。

b0244602_2211438.jpg
b0244602_2214985.jpg
b0244602_2214862.jpg

b0244602_9163160.jpg



 ※撮影日:2013年5月4日
[PR]

by alpine3180 | 2013-05-08 09:31 | 甘利山
2013年 05月 07日

『桃色の絨毯・芝桜』

b0244602_947419.jpg

 ゴールデンウィーク期間中国道139号線に大渋滞を巻き起こしていた張本人”芝桜”を見てきました。まだそれほど人出も多くなかったゴールデンウィークの初日に立ち寄ってみましたが、青い空とピンク、紫、白の芝桜が絨毯のように富士の手前に広がっていました。

 私自身も過去に何度か立ち寄っていますが、いつも富士山が雲の中とか、芝桜が全然咲いていないタイミングだったりとしっかりと見たことはなかったように思います。この芝桜が咲く朝霧高原一帯は野鳥を撮影しているときによく出かけました。アカモズ、ホオアカ、カッコウ、コヨシキリなどをよく見かけたものです。すこしずつ開発が進んでいるように感じられますが、場所によってはまだまだ自然が多く残っている場所です。これからも野生動物が安心して暮らせるような土地であってほしいと思いますね。

b0244602_9481281.jpg


 ※撮影日:2013年4月27日







 
[PR]

by alpine3180 | 2013-05-07 09:13 | 富士山
2013年 05月 06日

『Wダイヤモンド富士』

b0244602_2363219.jpg


 富士山の山頂で太陽がダイヤモンドのように輝くシーンは多くのカメラマンが関心を持っているようです。この田貫湖は日の出のダイヤモンド富士の撮影ポイントとして有名です。今回は山頂ど真ん中で輝くタイミングは天候不良や所用があったりとはずしてしまいましたが、それでも多くの方が日の出前から準備していました。

 田貫湖は湖面が穏やかなことが多いので湖にもダイヤモンドの輝きが投影するいわゆるWダイヤモンド富士が見られる確率が高く、この日もいいタイミングで見ることが出来ました。ちょうど山頂付近にわずかに雲がかかり、太陽の光を弱めてくれました。


 ※撮影日:2013年4月27日
[PR]

by alpine3180 | 2013-05-06 23:25 | 富士山_黎明
2013年 05月 06日

『富士山みたいに大きくな~れ!!』

b0244602_9451329.jpg

 とうとう楽しみにしていたゴールデンウィークも終了です。。。 10連休だったわけですが、結局は富士山の周りをアッチ行ったりコッチ行ったりしただけで終わってしまいました。家族サービスも自宅近くのイタリアンの食べ放題に出かけたぐらいで、子供たちももうあまり親とは行動したくないようです^^;

 写真はゴールデンウィークの初日に朝霧高原の旧有料道路料金所跡近くで風に泳ぐ鯉のぼりを富士山を背景に撮影したものです。青空と少しの雲とちょうど良い風が吹き鯉のぼりが元気に空を泳いでいる姿を牧草やわずかな菜の花を入れて撮影しました。

 私にも男の子の子供がいまして小さいときはベランダに鯉のぼりを飾ったりしました。そんな息子も今年から高校生で、父親との関わりはだいぶ薄くなったようです。とはいえ、わが息子よ!富士のように大きな男になれ!!!

b0244602_9454340.jpg




 ※撮影日:2013年4月27日
[PR]

by alpine3180 | 2013-05-06 20:28 | 富士山