<   2013年 03月 ( 3 )   > この月の画像一覧


2013年 03月 31日

『ブローニーフィルム』

 私の祖父はカメラマンで町の写真店を営んでおりました。当時は当然デジタルなどなく、すべてはフィルムでの撮影でした。そんな祖父の影響もあり、私自身も子供のころからフィルム写真でスーパーカーや貨物列車など撮影しておりました。

 子供が生まれた20年ぐらい前にキヤノンのフィルム一眼レフを購入したころから、学生時代はほとんど触れることがなかったカメラ熱が再燃し、ちょうど一眼レフのデジタルカメラの値段が安くなったころから野鳥の撮影などを中心に望遠系の被写体を追いかけるようになりました。

 デジタルは便利で撮影結果がすぐわかるのと現像代やフィルム代などのコストもかからないので野鳥などの連写が必要とされる被写体では欠かせない機材でした。とはいえ、野鳥を撮影しているときでもこっそりとフィルム(ポジ・FUJIアスティア35mm)で撮影したりしていました。

 今のような山岳写真を撮影するようになるとブローニー(中判)でどうしても撮影したくなり、まずはペンタックスの645NⅡのセミ判で燕岳や谷川岳など撮影するようになり、結局6×7のマミヤRZ67プロⅡという時代遅れの機材を使うようになりました。

 このRZ67はAFもAEもないので全部自分で設定するという昔ながらの作法で撮影します。ミノルタのスポットメーターと反射率を考慮した露出補正を行いながら撮影するわけですが、なかなかうまくいかないこともあり傍から見ると馬鹿らしいと思われるかもしれませんが、ある程度イメージどおりに撮影できたブローニーフィルムで撮影されたポジをルーペで覗き見る瞬間が好きです。

 昨日今日と天気が悪く撮影には行きませんでしたので、撮りためたポジをスキャンしてみましたので、少し紹介^^;。スキャナはエプソンのGT-X970というやつです。もう少しちゃんとスキャンできればいいんですが、フィルム専用のちゃんとしたスキャナは販売してないし、中古でも高価なのでおそらく手は出さないでしょう^^;

b0244602_22204876.jpg
b0244602_2221790.jpg
b0244602_22212027.jpg
b0244602_22213369.jpg


 このマミヤのRZ67プロⅡはかなりの重量なので山登りに連れて行くのは難しそうなので、ハッセル500系の中古でいいのがないか物色中。
[PR]

by alpine3180 | 2013-03-31 23:01 | 山岳
2013年 03月 23日

『桜越しにみた富士山』

b0244602_19233044.jpg
b0244602_19235111.jpg
b0244602_1924371.jpg
b0244602_19241594.jpg


 富士山が良く見える山梨県は桜の開花にはもう少し時間がかかるようですが、静岡県ならっ!!と、
梅林で有名な岩本山に行ってきました。

 青い空に青い富士山とピンクの桜はとても綺麗なコントラストです。日本ならではの写真です(笑)。


 ※撮影日:2013年3月23日
[PR]

by alpine3180 | 2013-03-23 19:28 | 富士山
2013年 03月 17日

『白馬三山の夜明け』

b0244602_17194266.jpg

 長野県白馬村から夜明けの白馬岳を撮影に自宅を午前0時に出発!!(笑)
撮影場所は有名な白馬大橋を目指し、夜中の高速道路をひたすら走り続けます。途中休憩を挟みながら、のんびりと午前4時30分には現地に到着しました。

 近くの山肌にスキー場のライトが見えるぐらいで、辺りは真っ暗なのでしばらく車の中で待機していると少しずつカメラマンも集結してきました。

 日の出時刻になり、山肌も紅く染まってきましたが、東の空に少し雲があったので派手な感じにはなりませんでした。

 真ん中少し左の尖がったピークが白馬鑓ヶ岳、真ん中の台形のピークが杓子岳、その隣のなだらかなピークが白馬岳です。下の川は後立山連峰白馬を源流とする松川となります。

 雲ひとつない快晴の空の中、真っ白な山肌が綺麗に輝いていました。

b0244602_17195094.jpg
 ↑夜明け前
b0244602_1720615.jpg
 ↑不帰の嶮・二股橋の上から
[PR]

by alpine3180 | 2013-03-17 17:42 | 北アルプス