<   2013年 01月 ( 15 )   > この月の画像一覧


2013年 01月 31日

『ダイヤモンド富士2013』

b0244602_9445827.jpg

 秋から冬にかけて山中湖周辺では富士山の山頂に太陽が沈んでいくいわゆるダイヤモンド富士の姿を見ることが出来ます。先日、ニュースで東京・西日暮里の富士見坂から見えるダイヤモンド富士を放送していましたが、残念ながらビル建設によりもう見れなくなるそうです。

 この日は雲ひとつない晴天で(個人的にはある程度雲があったほうが好みではありますが。。。)絶好のダイヤモンド富士日和^^。太陽が山頂に近づく時間になると大勢のカメラマンがゾロゾロと集結してきます。太陽の光条を大きくつくるために絞り値はF16(デジタルフルサイズ)。ここまで絞ると若干の解像度の低下は避けられない?

 この数ヶ月は富士山ばかり撮影しています。が、なかなかイメージどおりには撮影できないものですねぇ。。。^^; だから何度も出かけてしまうのかと。。。

b0244602_9451494.jpg
b0244602_9452514.jpg

[PR]

by alpine3180 | 2013-01-31 10:08 | 富士山_黄昏
2013年 01月 27日

『宝永山火口』

b0244602_18282135.jpg
 富士山の南麓2合目標高1,500mの水ヶ塚から夜明けの富士山を撮影。ここからは富士山の側火山宝永山の火口を間近に眺めることが出来ます。

 野鳥を撮影しているときには一体何回通ったかわからないほどよく利用した富士山スカイラインを約4年ぶりに通行。このあたりにはあんな鳥がいたなぁと感慨に耽りながら午前6時前にはスタンバイ。雲ひとつない空で富士山の山頂付近は紅く染まってきました。

  
b0244602_18283592.jpg
 ↑夜明け前


 ※撮影日:2013年1月27日
[PR]

by alpine3180 | 2013-01-27 22:31 | 富士山_黎明
2013年 01月 26日

『夕景・富士山』

b0244602_2636.jpg
b0244602_261536.jpg


 箱根大観山から見た夕焼けの富士山。頭に少し夕陽がさしましたが、この方向からではあまりインパクトはありませんでした。でも空は綺麗だったなぁ。。。
[PR]

by alpine3180 | 2013-01-26 02:10 | 富士山_黄昏
2013年 01月 19日

『忍野村・鱒(ます)の家』

b0244602_23182983.jpg

 忍野村には築200年のわら葺屋根の民宿”鱒の家”があります。大小の池、水車、橋などを配した日本庭園が広がっています。また、ここからも青い空の向こうに顔を出している富士山が見えます。

 雪景色の古民家や庭園を一度撮影してみたかったのですが、やはりきれいなものでした。夜明け直前とかもいいかもしれませんね。今度チャレンジしてみようかな?

b0244602_23184657.jpg
b0244602_23191216.jpg
b0244602_23192754.jpg
b0244602_23193853.jpg
b0244602_23195279.jpg
b0244602_2320333.jpg
b0244602_23201968.jpg


 ※撮影日:2013年1月19日
[PR]

by alpine3180 | 2013-01-19 23:46 | 草原・湿原
2013年 01月 19日

『雪景色の忍野村』

b0244602_22232631.jpg

 山中湖で紅富士を撮影した後は西湖や精進湖にでも行こうかと思っていましたが、ついでに忍野村の雪景色でも見ておこうと思い、少しだけ立ち寄るつもりで凍った路面に車を走らせました。

 鱒の家の駐車場に車を止め、かわいらしいおばあちゃんに駐車料金300円をお支払いし、あたりを見渡すとさかな屋さんの前にある色とりどりの短冊?とニンジンみたいな色をした干したトウモロコシのむこうに富士山が見えました。忍野村はトウモロコシの産地として有名で、私も一度採り放題にチャレンジし、家で食べたことがあります。甘くてとてもおいしかったですよ^^

 雲ひとつない晴天にカラフルな短冊。この短冊にどのような意味があるのか聞くのを忘れてしまい、ネットで調べてもヒットしないのでお判りの方がいらしたら教えていただきたいです。

 トウモロコシの屋根に残った雪の高さからもわかるとおり雪深い土地です。当然、道路は凍っていますのでスタッドレス、チェーンは必須です。

b0244602_22233931.jpg
b0244602_2224393.jpg
b0244602_222467.jpg
b0244602_22243718.jpg
b0244602_2224414.jpg


 ※撮影日:2013年1月19日
[PR]

by alpine3180 | 2013-01-19 22:51 | 富士山
2013年 01月 19日

『氷点下15℃の山中湖からの紅富士』

b0244602_2265476.jpg

 今日は娘の大学センター入試当日にもかかわらず夜明け前から山梨県の山中湖にまたまた行ってきました。山中湖湖畔の道路標識には氷点下15℃と表示されていました。さすがにとても寒く、撮影している最中から顔や指先が本当に痛いぐらいでシモヤケの一歩手前という感じでした。

 天気は雲ひとつなく快晴中の快晴。平野地区周辺の山中湖は凍結していて先日降った雪もあわせて一面真っ白な中、富士山の頂上から徐々に朝陽を浴びて紅く染まっていくシーンは素晴らしかったです。凍っていない湖面からは水蒸気が発生してました。

 ちなみにこの記事を書いている指先は。。。まだちょっと痛い^^; 

b0244602_2271099.jpg
b0244602_2272487.jpg


 ※撮影日:2013年1月19日(大寒)
[PR]

by alpine3180 | 2013-01-19 22:21 | 富士山_黎明
2013年 01月 17日

『三十槌の氷柱(みそつちのつらら)・雪景色』

b0244602_21483573.jpg

 先日の大雪は関東地方の交通機関や高速道路に大変な影響を与えました。テレビなどで通行止めになっている高速道路やスタックして立ち往生している車などを見る機会も多かったですね。
 
 大雪は普段の生活には迷惑なことですが、写真を撮るにはとてもいいシチュエーションを創り出してくれます。つい一週間ほど前に出かけた奥秩父の三十槌の氷柱も雪景色に変わっていると思い、再度出かけてきました。ここはほぼ一日中日差しが差し込まない場所ですので雪はまだまだ残っていましたね。

 一面雪の世界でしたので天然の氷柱にスポットをあてるよりも全体的な景色を撮影したほうが良かったです。それと人工的に造ってる氷柱もそれはそれでいい雰囲気でした。

 滑りづらい靴とある程度の防寒服を着て、一度行かれてみてはいかがでしょう?意外と楽しいかも^^

b0244602_21485641.jpg
b0244602_21491089.jpg
b0244602_21492931.jpg
b0244602_21494182.jpg
b0244602_21495194.jpg

[PR]

by alpine3180 | 2013-01-17 22:24 | 渓谷・滝
2013年 01月 13日

『二宮吾妻山公園・富士山と菜の花』

b0244602_1148305.jpg

 箱根で富士山を撮影した後に神奈川県二宮町にある吾妻山公園に黄色い菜の花と富士山の撮影に向かいました。途中、雲が富士山にかからないかとても不安でしたが、何とか晴天のまま到着できました。

 吾妻山公園は約45,000株の菜の花が展望台の西向きの斜面に咲いていて、その菜の花の向こうに富士山を望める関東の富士見百景に選ばれている場所です。名前のとおり標高136.2mの吾妻山が公園として整備されています。菜の花は頂上付近の展望台にあり、そこに行くには少しばかり山を登らないといけません。登山口はいくつかありますが、二宮駅から一番近い役場登り口からは300段の階段を登り、そこからも斜面を登っていかなければなりません。私は根性なしなのと重い三脚と雲台を担いでおりましたので(言い訳^^;)比較的ゆるい傾斜の中里登り口から登ってみました。駐車場も臨時の駐車場が一日500円で用意されています(生涯学習センター近く)。

 青い空と富士山、そして黄色い菜の花のコントラストは美しかったですねぇ。。。^^ ただ、菜の花が一面に!!!という感じではなく、横に細長く配置されていて、富士山と一緒に撮影できるポイントは限られているようでした。

 この日も多くの方が来ていました。乳母車を抱えながら階段を登ってくる若いお母さんや杖を突きながら登ってきたおじいちゃんなど私なんかより力強さを感じましたよ。少し体を鍛えなおさないといけないと改めて思わせる一日でした。

b0244602_11484278.jpg
b0244602_11485455.jpg
b0244602_1149172.jpg
b0244602_11494859.jpg
b0244602_11495774.jpg
b0244602_1150107.jpg


 ※撮影日:2013年1月12日
[PR]

by alpine3180 | 2013-01-13 12:19 | 富士山
2013年 01月 13日

『富士山・大観山と芦ノ湖』

b0244602_1032726.jpg

 下の記事のとおり日の出の時刻には濃い霧や雲で視界がとれなかった大観山ですが、日が高くなり青空が広がるころには霧は晴れ、360度の大展望が姿を見せました。

 箱根ターンパイク(今ではTOYOタイヤ ターンパイクというらしい)の終点にあるTOYO TIRESビューラウンジ(昔ながらの土産屋兼食堂)の小さいほうの駐車場周辺が撮影ポイントで、富士山の足元に芦ノ湖を配置した定番の写真が撮影できます。富士山の左側には南アルプスの荒川三山なども望めます。

 大観山で撮影の後は、芦ノ湖まで山道を下り、鳥居や海賊船を見ながら、ノンビリと撮影を再開。箱根の観光は中国人に支えられてしまっているのを実感しながら、昼前には青空の芦ノ湖を後にしました。

b0244602_10322813.jpg
b0244602_10324861.jpg
b0244602_1033099.jpg
b0244602_10331581.jpg
b0244602_10332783.jpg



 ※撮影日:2013年1月12日
[PR]

by alpine3180 | 2013-01-13 11:05 | 富士山
2013年 01月 13日

『燃える相模湾』

b0244602_1083064.jpg


 昨日は夜明けの富士山を撮影に箱根・大観山に行ってまいりました。芦ノ湖にたちこめる雲海と紅くなった富士山でも!と思いましたが、残念ながら濃い霧により富士山は全く見えませんでした。そんな時、反対側の相模湾の方向を見ると空と海がきれいに紅く染まって非常に美しい光景がひろがっていました。

 撮影しているときにふと気づきましたが、よく見ると電線が数本。。。^^; ちょっと残念。。。



 ※撮影日:2013年1月12日
[PR]

by alpine3180 | 2013-01-13 10:23 | 海・港湾