<   2012年 08月 ( 10 )   > この月の画像一覧


2012年 08月 28日

『北アルプス・白馬八方尾根』

b0244602_9282819.jpg

 唐松岳への登山道”八方尾根”の八方池までの間のトレッキングコースはおそらく最も手軽にアルペン気分を味わえる場所ではないかと思います。ゴンドラやリフトを乗り継ぐと上の写真のような景色が広がります。山のピークを左から白馬鑓ヶ岳、杓子岳、白馬岳と続き、総じて白馬三山と呼ばれています。
 このタイミングではまだかろうじて白馬三山は雲の間から姿を見せていましたが、前回の記事の通り、八方池に到着したころにはほぼ雲の中に隠れてしまいました。
 途中にはケルンがいくつかあり、”山に来た”という雰囲気を感じられ、さらには高山植物などが可憐な花を咲かせています。家から近ければ毎週訪ねてもいいぐらいです。皆様も一度ぶらりと出かけてみてはいかがでしょうか。きっといい思い出になると思いますよ。

b0244602_9262837.jpg
b0244602_9271043.jpg
b0244602_9273849.jpg
b0244602_928328.jpg
b0244602_9285957.jpg
b0244602_930622.jpg
b0244602_9302615.jpg
b0244602_9305846.jpg
b0244602_9322329.jpg


 ※撮影日:2012年8月26日
[PR]

by alpine3180 | 2012-08-28 09:46 | 北アルプス
2012年 08月 27日

『北アルプス・白馬八方池』

b0244602_19395571.jpg

 昨日の日曜日は特に何も用事がなかったので、日帰りでそれなりの写真が撮影できそうな北アルプスの山はないかと考え、去年も出掛けた唐松岳への登山道(八方尾根)の途中にある八方池に行ってみることにしました。八方池からは白馬三山を眺めることができる観光地となっていて多くのハイカーがやってきます。
 夜中の2時30分に東京を出発し、現地に7時ぐらいに到着。八方池へは途中までスキーヤーが使うゴンドラやリフトがあり、その始発(7時30分)まで待ちます。下界から見た時は白馬三山には雲一つかかっておらず、ワクワクしながら始発の出発をまだかまだかと一人焦っていました(笑)
 ゴンドラとリストを乗り換え、登山口となる八方池山荘についた8時過ぎにはすでに白馬三山は雲の中に入ろうとしています。実は昨年も雲に隠れて残念な思いをしていましたので、”今年もかぁ^^;”と気力がなえてきました。
 八方池山荘から木道や岩の道を1時間少し進むと八方池に到着します。到着した時はもうすでに山はその一部しか姿を見せておらず、ガックリトホホ
b0244602_19405584.jpg

 八方池は標高2,060mの天然池で夏から秋の間に姿を見せ、冬の間は雪に覆われてしまう神秘的な池です。私のように八方池を目的に来るハイカーやこれから唐松岳に向けて登っていく登山者、白馬岳から縦走してきた下山者など多くの人々が集まる人気スポットです。ここからの白馬三山の眺めはネットに多くの写真がありますのでそちらをご覧いただくとして、基本的には朝早くがいいようです。ゴンドラの始発が5時30分の時に行くか、前日から山荘に泊まるなどした方が良さそうです。
b0244602_19414319.jpg
b0244602_1942183.jpg
b0244602_1943832.jpg
 *不帰嶮(モナーの頭みたいなところ)
b0244602_19462985.jpg
 *タカネマツムシソウと蜂?

 また八方池には黒山椒魚が生息しています。雪に覆われるときには冬眠していると思いますが、どうしてここにいるのかは不思議ですね。
b0244602_19465541.jpg
b0244602_1949812.jpg

 ↓去年撮影。このときも山の稜線は雲の中^^;
b0244602_19585126.jpg

 今度こそ白馬三山をばっちりと撮影したい。。。次回はハイキングコースの八方尾根の眺めを紹介します。

 ※撮影日:2012年8月26日
[PR]

by alpine3180 | 2012-08-27 20:47 | 北アルプス
2012年 08月 15日

『都電荒川線・梶原停留場~栄町停留場』

b0244602_21572094.jpg
 *梶原停留場の線路脇に咲く鮮やかな花々

 今年のお盆は都電荒川線の撮影に終始しています。ちょっと腰を痛めてしまったのと、山の天候が良くないようなので近場でそれなりに楽しむ休暇となっています。
 今回は梶原停留場から栄町停留場までの区間と王子停留場寄りの急カーブにポイントを絞り撮影してみました。通行人や自動車の邪魔にならないポイントが多く、のんびりと撮影できるいい場所でした。9000形は青い9002号車は運航していましたが、赤い9001号車は荒川車庫の先頭で撮影用に留置されているようでした。ちょっと残念。。。

b0244602_21583783.jpg
 *明治通りを通過する7000形
b0244602_21592126.jpg
b0244602_2202649.jpg
b0244602_2215675.jpg
 *急カーブを通過する7000形
b0244602_223026.jpg
b0244602_22165143.jpg
b0244602_22203494.jpg
b0244602_22221781.jpg
b0244602_22243752.jpg
b0244602_22345123.jpg
 *王子停留場に向け加速していく9002号車

 ※撮影日:2012年8月15日
[PR]

by alpine3180 | 2012-08-15 23:13 | 軌道路線
2012年 08月 13日

『都電荒川線・レトロ車両』

b0244602_21422314.jpg
b0244602_2143064.jpg

 都電荒川線のレトロ調の9000形車両を撮影したいなぁ。。。と思っていると、長い直線の向こうに明らかに何度も通過する7000系とは違う車両の姿が!!まずは9002号車(青いやつ)が、その後30分ぐらいすると9001号車(赤いやつ)がやって来ました^^
 新幹線などと違い、いつどこを走っているかわからないので素人にはひたすら待つ以外姿を見る方法がわかりません^^;。どなたか事前に分かる方法を教えていただくととてもとてもうれしいです。
 レトロ調車両以外にも昭和50年代のカラーリングを再現した7022号車と7000形のトップナンバー7001号車も撮影でき、悦になって帰路につきました。
 都電荒川線の撮影はスナップ写真の力量が必要な気がします。いままでスナップ写真なんてまともに撮ったことがない私にはいい経験になっています。今度は夕景かなぁ???

b0244602_21443226.jpg
b0244602_21451681.jpg
b0244602_21455229.jpg
b0244602_21463260.jpg
b0244602_21465715.jpg


 ※撮影日:2012年8月13日
[PR]

by alpine3180 | 2012-08-13 22:24 | 軌道路線
2012年 08月 13日

『東京スカイツリーと都電荒川線』

b0244602_20345368.jpg

 東京スカイツリーと都電荒川線を撮影したくて、荒川区役所前停留場界隈を訪ねてみました。停留場から2つ目、3つ目の踏切脇から撮影してみましたが、肝心のスカイツリーは霞んでました。おそらく午後遅くが順光ですかね?

b0244602_20352893.jpg
b0244602_20355893.jpg
b0244602_20363279.jpg


 ※撮影日:2012年8月13日
[PR]

by alpine3180 | 2012-08-13 21:23 | 軌道路線
2012年 08月 12日

『都電荒川線・面影橋停留場』

b0244602_1571881.jpg

 以前から一度撮影しようと思っていた都電荒川線を面影橋停留場界隈で撮影してみました。下の縦構図の写真のようなサンシャイン60をバックに撮影しようと思いましたが、今ひとつでしたので車両写真を中心にいろいろな角度から試してみました。
 他にもスカイツリーを背景にしたり、夜間の撮影など楽しそうなシーンがありそうなので、またチャレンジしてみようっと。

b0244602_1575062.jpg
b0244602_158297.jpg
b0244602_1593646.jpg
b0244602_1522898.jpg
b0244602_15101777.jpg
b0244602_15105335.jpg


 ※撮影日:2012年8月12日
[PR]

by alpine3180 | 2012-08-12 15:44 | 軌道路線
2012年 08月 06日

『河口湖湖上祭』

b0244602_17103061.jpg

 山梨県河口湖での花火大会に初めて出かけてきました。富士山の山影をバックに花火と湖面を撮影するイメージを持って湖畔の北側に陣取りましたが。。。富士山は雲で隠れるし、花火は思ったほど高くあがらなくて湖の岬っぽい稜線を超えることがほとんどなく、惨敗^^;
 それでも綺麗な花火を1時間ぐらい家族で楽しめたので良しとしよう^^

b0244602_1711339.jpg
b0244602_17261195.jpg
b0244602_17263279.jpg
b0244602_1727149.jpg
b0244602_17272185.jpg
b0244602_17274950.jpg
b0244602_17281775.jpg
b0244602_17284038.jpg
b0244602_1729027.jpg
b0244602_17292411.jpg


 ※撮影日:2012年8月5日
[PR]

by alpine3180 | 2012-08-06 17:39 | 花火
2012年 08月 02日

『室堂・みどりが池』

b0244602_1885849.jpg

 立山室堂には4年前の8月下旬に一度訪れています。その際は室堂山荘に宿泊し、このみどりが池からホシガラスの姿やウソの姿を撮影したことを憶えています。4年経ってもどこからどの方向で撮影したか憶えているもので非常に懐かしく、その頃は私自身の生活も順調だったこともあり、とても感慨深いものがありました。

b0244602_1892593.jpg

 みどりが池は立山の火山湖群の一つでみくりが池より小さく、水深も1.6mほどですが、湖面の美しさは退けをとりません。個人的にはみくりが池よりこのみどりが池の方が好きで4年前もこの辺りをウロウロしていました。

b0244602_1894567.jpg

 今回の登山は北アルプスの中では比較的楽なコースで、ある程度の装備を整えていれば多くの方が登山を楽しめるコースだと思います。私が準備した装備は、登山靴(底の固い足首までしっかりホールド出来る靴)、ストック、軽アイゼン(実際には一度も使わず)、水1L、レインウェア上下、帽子、サングラス(雪渓が多いので眼の保護が必要)、登山地図、コンパス、行動食(たくさん^^;)、リュック30L、三脚、カメラなどでやはり三脚とカメラが重かったですね。
 コースは雪渓が所々あるので軽アイゼンはやはり必要だと思います。雄山から一ノ越までのコースも何カ所か雪渓がありましたので不必要と思っても持参をお勧めします。

b0244602_1810388.jpg

 今回は1泊2日の短い行程でしたが、単純に”行ってよかった!”と思っています。手軽にとは言えませんが、これだけの景色を満喫出来たことはいい思い出になりました。次回登山する時は、早朝の別山から見る剣岳と富士折立から見る雪渓と剣岳を撮影したいと思っています。今からいろいろと登山コースを考えるも楽しい作業です。北アルプス立山にしばしお別れです。また会える日まで。。。

 ※撮影日:2012年7月28日
[PR]

by alpine3180 | 2012-08-02 18:13 | 北アルプス
2012年 08月 02日

『室堂散策』

b0244602_9341853.jpg
 *地獄谷とエンマ山

 雷鳥沢キャンプ場で前夜山小屋でいただいたお弁当をいただきながら、今まで自分が通って来た行程を振り返りながら、しばし休憩。有名な山岳ガイドの方が今日もパーティーを引き連れて出発の準備をしているのを見て、準備体操とか今後の参考にしようと盗み見をしたりした後、室堂ターミナルへ向けて出発しました。
b0244602_934432.jpg
 *霧が晴れつつある別山

 時刻もまだAM7:30ぐらいでしたので室堂を散策することにしました。まずは、雷鳥沢キャンプ場から雷鳥荘までの何故かとても苦しい石畳の急坂を登って行きます。何とか最後の力を振り絞り雷鳥荘付近まで登りきるとそこには地獄谷の異様な光景が広がっています。大きく呼吸をするとノドに違和感を感じましたので早々に退散し、みくりが池温泉近くの広場に到着しました。
 前日にみくりが池からの撮影は行いましたし、土曜日ということもあり、みくりが池周辺はすでに人混みが出来ていましたので、今日はもう一つの神秘的な池”みどりが池”に歩を進めました。みどりが池の様子は次回紹介します。
b0244602_9352159.jpg
 *浄土山と室堂山荘
b0244602_936899.jpg
 *室堂平の岩庭園
b0244602_9363467.jpg
 *みくりが池の向うに大日三山。もっとも室堂らしい風景

 時刻も9時を過ぎると立山黒部アルペンルートや夜行バスでやって来た多くの観光客で狭い室堂の石畳の通路は埋め尽くされて、横いっぱいに広がってあるくグループに閉口しながら歩くことになり、昨日までの一人のんびりの旅気分は一気に失せてしまいました。このころには山の稜線の霧も晴れ、本当は縦走するはずだったコースを下から眺めながら、”また次回挑戦するよ。。。”と考えながら、まわりの景色を楽しみました。
b0244602_937940.jpg
 *浄土山
b0244602_9373349.jpg
 *岩庭園

<<行程>>
雷鳥沢キャンプ場(07:30 2280m) → 雷鳥荘(07:50 2360m) → みどりが池(8:30 2440m) → 室堂ターミナル(10:00 2450m)

 ※撮影日:2012年7月28日


 
[PR]

by alpine3180 | 2012-08-02 09:49 | 北アルプス
2012年 08月 01日

『立山に咲く花々』

b0244602_1091763.jpg
 *クルマユリが咲く草原から立山を望む

 標高2000mを超える立山には様々な高山植物が可憐な姿を見せています。今回は登山道脇で咲き誇っていた高山植物の一部を紹介します。

b0244602_1095533.jpg
 *オレンジ色が美しいクルマユリ
b0244602_10102326.jpg
 *チングルマ
b0244602_10125396.jpg
 *チングルマ咲くみどりが池から別山
b0244602_1011443.jpg
 *ミヤマキンバイ
b0244602_10113181.jpg
 *シラネニンジン
b0244602_10121784.jpg
 *イワイチョウ
b0244602_10132685.jpg
 *室堂平のお花畑から大日三山

 ※撮影日:2012年7月28日
[PR]

by alpine3180 | 2012-08-01 10:24 | 高山植物