<   2012年 07月 ( 9 )   > この月の画像一覧


2012年 07月 31日

『剣岳〜雷鳥沢』

b0244602_11442429.jpg
 *威風堂々とした剣岳

 やっとの思いで別山乗越まで到着し、今日宿泊する山小屋”剣御前小舎”に荷物を預け、まずは剣岳の撮影を始めます。辺りは霧がかかったり、消えたりを繰り返しているうちにとうとう真っ白で何も見えない状況になってしまいました。期待していた日没時の夕景は残念ながら拝むことは出来ませんでした。
b0244602_1145147.jpg
b0244602_11455385.jpg
 *剣御前小舎近くの斜面に咲くイワツメグサのお花畑
b0244602_11461892.jpg
b0244602_11464025.jpg
 *別山の岩稜

 山小屋でおいしい食事をいただき、PM8:00には就寝してしまい、翌朝のAM3:30に目を覚ますと、相変わらず辺りは霧に囲まれていて、星空の撮影や朝日に輝く剣岳など期待していたシーンも残念ながら見ることは出来ませんでした。天気予報は晴れでしたのでこのまま待っていればいつかは晴れるとは思いましたが、私が撮影したい場所を通過しなければいけない時間帯では霧は晴れないと考え、不本意ではありましたが体調もあまり良くなかったので立山の逆縦走はあきらめ、そのまま雷鳥沢を下って行くことにしました。
b0244602_11471475.jpg
 *朝焼けの奥大日岳
b0244602_11473868.jpg
 *霧に煙る立山稜線

 雷鳥沢の下りははじめのうちは滑りやすい岩の上を歩くので注意が必要でしたが、高度を下げるにつれ、徐々に歩きやすい行程となりました。途中、雷鳥でも姿を見せないかと思いましたが、一度だけ”グア〜”という鳴き声が聞こえただけで姿は見せず、ホシガラスやウソもいるのはわかりましたが姿を確認することは出来ませんでした。そんな中唯一姿を見せてくれたのがカヤクグリの群れで綺麗な囀りを聞かせてもらえました。
b0244602_1148626.jpg
 *カヤクグリ

 少し長めの雪渓を下ると前日通過した雷鳥沢のキャンプ場が間近に見えて来ましたが、まだ山の山頂は霧で覆われていました。浄土川を木橋で超え雷鳥沢キャンプ場に到着すると一安心しました。私はいつも一人で登山をするので遭難のリスク(道迷い、体調不良など)はパーティーの場合より高いと思っているので必要以上に慎重な行動を心がけています。
b0244602_11483129.jpg
 *わずかな朝日が差し込む別山を雷鳥沢キャンプ場から見上げる

<<行程>>
別山乗越05:00(2750m) → 雷鳥沢キャンプ場07:00(2280m)

 ※撮影日:2012年7月27日・28日
[PR]

by alpine3180 | 2012-07-31 11:59 | 北アルプス
2012年 07月 31日

『雷鳥平〜新室堂乗越〜別山乗越』

b0244602_22593132.jpg
 *新室堂乗越から立山・浄土山を望む

 雷鳥沢キャンプ場で休憩した後、いよいよ本格的な登山コースに入って行きます。キャンプ場の北東側を流れる浄土川に向け短い雪渓を下り、木橋で浄土川を渡り左に歩を進めると剣御前に直登するコースと主に大日三山への登山道となっている新室堂乗越に向かうコースに分かれます。今回は新室堂乗越に向かうコースを進むことにしました。登り始めは緩やかなコースですが、小さな雪渓を一つ超えたあたりから徐々に傾度が増し、急な斜面に残る2つ目の雪渓を横切る頃にはかなりきつい登りとなり、歩みのスピードはかなり落ちてきました。やっとの思いで新室堂乗越に到着し、ここから別山乗越までの稜線に辿り着きました。ここからの立山の眺めは必ず撮影したかったシーンでいろんな角度から何枚もシャッターを切りました。7月の下旬でもまだ雪は多く残り、日本ではないような景色を涼しい風を浴びながら充分に堪能しました。
b0244602_2301623.jpg
b0244602_23044100.jpg

 ここからは楽しい稜線歩きをイメージしていましたが傾斜もきついし、人ひとり通るのがやっとの狭いハイマツの間をすり抜けたりとあまりいいコースではありませんでした。別山乗越へは雷鳥沢を直登するコースがあり、利用者も圧倒的にそちらの方が多く、私が歩んだコースは4パーティーぐらいしか見かけないほどで静かな登山を好む向きには良いと思います。
b0244602_2312360.jpg
 *チングルマ

 まだ雪が多く残る斜面にはチングルマなどの高山植物が花を咲かせていましたが、高度を増すにつれ軽い貧血のような状態になり、カメラをバックから出すのが億劫になってしまい、あまり撮影出来なかったのが今思うと残念です。
b0244602_2315395.jpg
 *稜線上から見る立山
b0244602_2322158.jpg

 結局標高差約500mを3時間以上かけてやっとの思いで別山乗越に到着し、とうとう剣岳の姿が目の前に迫ってきました。ただこの頃から徐々に霧が出始めてきました。この時はすぐに消えると思っていたのですが。。。

<<行程>>
雷鳥沢キャンプ場11:15(2280m) → 新室堂乗越11:45(2380m) → 別山乗越14:30(2750m)


 ※撮影日:2012年7月27日
[PR]

by alpine3180 | 2012-07-31 07:53 | 北アルプス
2012年 07月 30日

『室堂平〜雷鳥沢キャンプ場』

b0244602_2023325.jpg
 *残雪の残るみくりが池から立山と浄土山

 立山黒部アルペンルートで一気に標高2400mの地に立ち、室堂ターミナルを出ますとそこはまさにアルペンムードが漂う山岳地帯に入ります。東の方向には雄山、真砂岳の立山稜線が屏風の様に広がり、西の方向には大日三山、北の方向には別山、その別山に隠れ少しだけ姿を見せる剣岳が見渡せます。室堂ターミナル近くの室堂平は石畳の通路の脇に高山植物が咲き多くの観光客や登山者の眼を和ませていました。
 今回紹介するのは室堂平から雷鳥沢キャンプ場までの観光客も散策が可能な行程です。散策路は整備されているもののかなりきつい階段の登り降りを繰り返しますので足元の装備だけは必要だと思います。またアルペンルートで一気に標高を上げていますので高山病にも注意が必要です。
b0244602_2024874.jpg
 *みくりが池の蒼い湖面と立山
b0244602_20243561.jpg
b0244602_20245847.jpg
 *蒼い湖面に逆さ立山

 まずはターミナルを出て左の方向に石畳の通路を10分ほどで蒼い湖面がとても綺麗な火山湖みくりが池に到着します。急な階段が降りるとみくりが池温泉に到着し、そこからは湖面に映る立山を眺めることが出来、定番の撮影ポイントになっています。
b0244602_20255896.jpg
 *エンマ台から血ノ池と立山を眺める
b0244602_20263040.jpg
 *血ノ池と浄土山
b0244602_2027065.jpg

 みくりが池を後にして地獄谷のビューポイントの一つエンマ台に5分ほどで到着します。このエンマ台を経由する登山道の他に地獄谷の近くを通るコースもありますが、今年は全面通行禁止となっています。エンマ台からは北西方面地獄谷の異様な光景を眺めることが出来、東側には赤い色の池塘”血の池”が広がっています。血の池の向こう側には立山も姿を見せ、しばらくは立山を眺めながら、雷鳥荘に向け緩やかな傾斜を登り降りし、雷鳥荘を過ぎると急な石段の階段を下り30分ぐらいで色取り取りのテントが並ぶ雷鳥沢キャンプ場に到着します。
b0244602_20274540.jpg
 *雷鳥荘付近から眼下に雷鳥沢キャンプ場とこれから登る別山を眺める
b0244602_20281593.jpg
 *色取り取りのテントが並ぶ雷鳥沢キャンプ場

 キャンプ場では有名な山岳ガイドの方を見かけたりして、少し長めに休憩をとり、ここからの本格的な登山に備えました。

<<行程>>室堂平9:30(2450m) → みくりが池9:40(2430m) → エンマ台10:00(2400m) →雷鳥荘10:30(2360m) → 雷鳥沢キャンプ場10:50(2280m)
※撮影時間や休憩時間も含まれています。(カッコ内はおおよその標高)

 ※撮影日:2012年7月27日
[PR]

by alpine3180 | 2012-07-30 20:43 | 北アルプス
2012年 07月 30日

『黒部ダム』

b0244602_18332948.jpg
     *ダムの放水で虹が架かった黒部川

 立山黒部アルペンルート上にある一大観光地”黒部ダム”。昭和31年に着工し、7年後の昭和38年に完成を遂げた黒部ダムですが、その間の壮絶な難工事は映画などで紹介され、昭和の一大事業として後世に語り継がれています。
 高さ186mの日本一の高さを誇る黒部ダムは毎秒10㎥(10トン)の放水を行う関西電力の発電所であり、年間10億kWhの電力を発電しています。今では発電所というより観光地としてのイメージが強く、年間100万人の観光客(世界遺産の姫路城と同等)を受け入れ、展望台・レストハウス・ダム湖クルーズ船などそれなりの観光施設を揃えていますが、やはり黒部ダムの魅力はそこからの眺望と迫力のある放水シーンだと思います。
b0244602_1834711.jpg
 *黒部ダム観光放水

 黒部ダム駅から途中の休憩スペースに赤沢岳の破砕帯から湧き出る冷たい湧き水も用意されている220段の階段を登ると標高1508mの展望台に到着します。また、ダムのコンクリート壁の側面の屋外階段を登り降りし新展望台に到着することも出来ますが、私は高所恐怖症なので新展望台には足を向けず、従来からある展望台にしか行けませんでした。
b0244602_18344926.jpg
     *黒部ダム観光放水

 またダム湖上の遊歩道からは北方面には有名な黒部の魔人(黒部別山の南東壁)、鷲羽岳を源流とする黒部川、遠くには白馬連峰を望むことが出来ます。反対の南方面には黒部湖、遠くに赤牛岳を眺めることが出来ます。
b0244602_1836213.jpg
 *黒部の魔人
b0244602_18364846.jpg
 *蒼く光る黒部湖の向うに遠く赤牛岳

 ここ黒部ダムから黒部川沿いの下ノ廊下を紅葉の季節に歩くことが出来たら最高ですが、その前に高所恐怖症を治さないといけません。治すことが出来るのか知りませんが。。。

 ※撮影日:2012年7月27日・28日
[PR]

by alpine3180 | 2012-07-30 18:46 | 北アルプス
2012年 07月 30日

『立山黒部アルペンルート』

b0244602_12551399.jpg
 *タンボ平の上空を東一ノ越への稜線を背景に登って行くロープウェイ

 平成24年7月27日から山小屋泊で北アルプス立山連峰に位置する別山を目指し登山を計画、同日AM2:00にオリンピックのサッカー男子スペイン戦の奇跡的な勝利を見終え、寝不足のまま東京を自家用車で出発しました。登山口である扇沢にAM6:00頃に到着し、すでに無料駐車場は満杯でしたのでやむなく1日1000円の有料駐車場に車を停め、身支度を開始しました。天気は快晴でサングラスなしでは眼が痛くなるほどの太陽の光を浴びながら、AM7:30の始発のトロリーバスの乗車券購入のため売り場に並びます。平日とはいえ多くの登山者・観光客が列をなし、AM7:00には扇沢〜室堂間の往復乗車券を8,800円で購入。この走行距離対比世界一(?)高額な料金が必要とされ、立山への登山客を安全に室堂平まで運んでくれるのが今回紹介する立山黒部アルペンルートです。
 立山黒部アルペンルートは1971年に開通した山岳観光道路で、一部は黒部ダム建設時に使用したトンネルを利用し、扇沢から室堂まで標高差約1,000mをここでしか走行していないトロリーバス、全線地下を走るケーブルカー、途中に柱が一本もないロープウェイを乗り継いで約2時間で登って行きます。それぞれを扇沢駅から駅ごとに説明して行きます。
b0244602_1255463.jpg
 *扇沢・黒部ダム間を走行するトロリーバス

 まずは扇沢駅から黒部ダムまでを走行するトロリーバス。扇沢駅出発直後は山岳道路を走行しますが、すぐに赤沢岳を掘削して造られたトンネルを走行し、15分ほどで黒部ダム駅に到着します。黒部ダム駅は黒部ダム観光の長野県側の入り口で地下に造られており、ここから黒部ダム湖上を10分ほど歩き、次の黒部湖駅に進んで行きます。(黒部ダムの様子は次回)

b0244602_12563988.jpg
 *黒部湖にて乗客を待つケーブルカー
b0244602_12571897.jpg
 *運転台
b0244602_12585794.jpg
 *黒部平駅の光に向かい走行中
b0244602_12593331.jpg
 *黒部平駅に到着

 黒部湖駅からはケーブルカーを使い、次の黒部平まで標高差300m以上を急角度で登って行きます。通常は30分に一本程度で運行されているようですが、この日は臨時便が運行されており15分間隔で混雑はある程度緩和されているようでした。乗車時間5分で黒部平に到着し、今度はタンボ平の上の空中散歩ロープウェイに乗り換えます。

b0244602_1301712.jpg
 *タンボ平

 私は高所恐怖症なのでロープウェイは苦手ですので登って行く方を見ることによってあまり怖さを感じない様にしました。あとカメラのファインダーをのぞくと全く怖くないのがいつも不思議で。その怖さと戦うこと7分で後立山連峰の眺めが素晴らしい大観峰駅に到着します。ここの展望台は帰りの便の乗り換え時に通りますし、午前中は逆光気味なので無理に行きの乗り換え時に立ち寄らなくてもいいかもしれません。

b0244602_1311431.jpg
 *大観峰駅展望台から眺める後立山連峰と緑色に輝く黒部湖

 大観峰駅からは再度トロリーバスに乗り換え、立山山頂直下をトンネルでくぐりアルペンルートの最高標高点室堂駅に到着します。
b0244602_1314245.jpg
 *大観峰・室堂間を走行するトロリーバス

 AM9:20定刻通り室堂平に降り立ち、ここから本格的な登山が始まります。


 ※撮影日:2012年7月27日・28日



 
[PR]

by alpine3180 | 2012-07-30 13:19 | 北アルプス
2012年 07月 16日

『思い出の野鳥~高山地帯』

b0244602_11572334.jpg

 もうすぐ梅雨明け!!今年も北アルプスのどこかの山に登る予定です。夏に標高2500mmをオーバーするとさまざまな野鳥に出会うことができます。中には冬の間は平地に下りてきている鳥や夏の間だけ南の島からやってくる鳥がいますが、極寒の厳冬期でも高山地帯にとどまるライチョウが一番有名でしょう。
 登山者にとってライチョウは身近な野鳥です。北アルプスの山々のいたるところで数は少ないものの出会うことでしょう。初夏のころはよく岩稜にとまり縄張りを監視している姿がよく見られるでしょう。
 高山地帯の野鳥全般の印象はあまり人を恐れないことかな?追いかけるともちろん逃げますが、疲れて座ってると本当に目の前にやってくることが多いように感じます。まあ、『こいつ鈍そうだし、からかってやろう^^』ぐらいにしか思われてないかも知れませんが。。。

↓縄張りを監視するライチョウ♂(撮影地:乗鞍岳)
b0244602_11582297.jpg

↓登山道のハイマツの中からショリショリ♪聞こえるメボソムシクイ(撮影地:富士山)
b0244602_1158455.jpg

↓立山真砂岳を背景にハイマツの実を運ぶホシガラス(撮影地:立山)
b0244602_1159819.jpg

↓もっとも人懐っこいイワヒバリ(撮影地:乗鞍岳)
b0244602_11593349.jpg

↓意外と見かけないカヤクグリ(撮影地:富士山)
b0244602_120353.jpg

↓チングルマの実を食べるウソ(撮影地:立山)
b0244602_1202624.jpg


今年も会えるかな?
[PR]

by alpine3180 | 2012-07-16 12:34 | 野生動物
2012年 07月 15日

『ニッコウキスゲ〜車山高原』

b0244602_19155585.jpg

 4年ぶりに信州ビーナスラインに位置する車山高原にニッコウキスゲの撮影に行って参りました。4年前はノビタキの撮影が目的で、天気もよくニッコウキスゲも咲き乱れていた記憶があります。今回はまだ少し早かったこともあり、ニッコウキスゲもところどころ集中して群生している程度で、ノビタキの姿もだいぶ少なく感じました。
 天気予報では晴れる予定でしたが、時折大粒の雨が降り、霧が立ちこめ、山の稜線ということもあり常に強風が吹いているという最悪の撮影環境でした^^;。それでも厳しい環境の中、きれいに黄色の花を咲かせたニッコウキスゲをたっぷりと見れたので良しとしよう。。。と思う。
 ただ、ニッコウキスゲが群生しているポイントはどこも山道から少し離れていて、かつ、胸の高さの鹿除けのロープが2本設置されており、とても撮影しずらかったです。4年前は500mmのレンズ使ってたので気にもしませんでしたが(笑)

b0244602_1917922.jpg
b0244602_1940233.jpg
b0244602_19404936.jpg
b0244602_19195934.jpg
b0244602_19203080.jpg
b0244602_19211989.jpg
b0244602_1921578.jpg

 ※撮影日:2012年7月15日
[PR]

by alpine3180 | 2012-07-15 19:42 | 高山植物
2012年 07月 10日

『RX-78-2GUNDAM Ver.GFT』

b0244602_19474048.jpg

 東京港区台場にガンダムがまたやって来ていました。3年前の夏に潮風公園で鎮座している姿も撮影していたので仕事の合間に立ち寄ってみましたが、建物のそばにガードマンのように立っているので何となく写欲が衰退してしまいました(笑)。平日というのに大勢のギャラリーが周りを囲んでいて、若い女性やおじいちゃん・おばあちゃんも撮影していたのには少しビックリしました。やはり。。。ザクとは違うんだな(笑)
 
b0244602_1948562.jpg
b0244602_1949172.jpg
b0244602_19561632.jpg
b0244602_19572543.jpg
b0244602_19565990.jpg
b0244602_19582574.jpg

 ↓キヤノンの上にうんちのモビルスーツが!!!!!????? ←誘導戦士ウンダムというらしい^^
b0244602_19575075.jpg

 ※撮影日:2012年7月10日
[PR]

by alpine3180 | 2012-07-10 20:20 | ランドマーク
2012年 07月 01日

『蒸気機関車SLの二重奏・ググッとぐんま』

b0244602_14564649.jpg

 今年も半分が過ぎ、もう7月になりました。今日はJR東日本が所有するSLのうち高崎車両センターに所属しているD51 498とC61 20の2両が高崎駅を同時出発する様子を収めて参りました。
 出発時刻の3時間前に現地に到着しましたが、もうすでに沿線は人の姿が多く、電柱やロープを回避出来るポイントはどこも先客ありの状態でした。SL人気恐るべし^^;
 C61 20は高崎から上越線を経由し水上駅に『快速SLググッとぐんまみなかみ号』として、D51 498は信越本線を経由し横川駅に『快速SLググッとぐんま碓氷号』として、それぞれ向かっていきます。1両でも迫力満点なSLですが、さすがに2両並んで市街地を進んでくる姿は圧巻でした。また秋にも運行されるので、今度はもうちょっと良いとこで撮影しようかと。。。脚立も必需品ですね^^;

b0244602_14571292.jpg


 ※撮影日:2012年7月1日



 
[PR]

by alpine3180 | 2012-07-01 15:33 | SL