カテゴリ:富士山_黎明( 26 )


2015年 05月 06日

『碧い山並み・吉原』

b0244602_1744767.jpg


雲海なしお。・゜・(ノД`)・゜・。


※撮影日:2015年5月6日
[PR]

by alpine3180 | 2015-05-06 17:47 | 富士山_黎明
2014年 01月 29日

『紅富士・山中湖』

b0244602_1524919.jpg


 山中湖湖畔から夜明けの紅富士を撮影。ここからだといつもイメージと違う色合いになってしまいます。


 ※撮影日:2014年1月29日
[PR]

by alpine3180 | 2014-01-29 15:27 | 富士山_黎明
2014年 01月 26日

『雪景色の紅富士・忍野』

b0244602_16231550.jpg


 昨年末、雪が降った後の忍野村で撮影しました朝焼けの紅富士。デジタルで撮影した以外にポジフィルム(645)でも撮影しました。朝焼けが一番富士山の山頂付近を照らした瞬間のはずです^^;


 ※撮影日:2013年12月28日
[PR]

by alpine3180 | 2014-01-26 16:30 | 富士山_黎明
2014年 01月 23日

『黎明富士・ビーナスライン富士見台』

b0244602_22394295.jpg

 ビーナスラインの富士見台駐車場からの見事な朝焼け空に浮かぶ富士山。大変美しい光景でした。夏にはニッコウキスゲが咲き乱れる高原も今は雪に覆われています。

b0244602_22395524.jpg
b0244602_22401041.jpg
b0244602_22402378.jpg
b0244602_2240322.jpg
b0244602_2240418.jpg


 ※撮影日:2014年1月23日
[PR]

by alpine3180 | 2014-01-23 22:46 | 富士山_黎明
2014年 01月 03日

『富士へ続くオレンジの河』

b0244602_22213999.jpg

 今年の撮り始めはやはり富士山ということになりました。東名高速のさった峠と同じように中央道で有名な葛窪トンネルで自動車のオレンジ色のテールランプの光跡と黎明富士の撮影に行ってきました。

 露光時間を30秒程度にするためにNDフィルターなんか使いながら上り車線に数台の車が通るときにシャッターを切りました。昔聴いた今井美樹の”オレンジの河”を思い出しながら何枚か撮影。
b0244602_22215087.jpg
b0244602_2222077.jpg


 ※撮影日:2014年1月3日
[PR]

by alpine3180 | 2014-01-03 22:30 | 富士山_黎明
2013年 12月 28日

『黎明富士・忍野村』

b0244602_18585996.jpg

 夜明け直前の富士山。降り積もった雪。静寂の中、まさに夜が明けようとしています。

b0244602_18591255.jpg
b0244602_18592423.jpg


 ※撮影日:2013年12月28日
[PR]

by alpine3180 | 2013-12-28 19:01 | 富士山_黎明
2013年 11月 30日

『星空と富士・本栖湖』

b0244602_18515220.jpg

 久しぶりに本栖湖へ。星空が綺麗なうちに何枚か星と富士山を撮影し、朝焼けのシーンと湖面から発生する霧を期待しましたが、ダイナミックなものとはならず少し残念。

 少しめんどくさいですが湖畔まで降りて撮影。人も少なくて(というか誰もいない^^;)風も吹かず氷点下6度にしては快適に過ごせました。

b0244602_1852351.jpg
b0244602_18521234.jpg
b0244602_1852212.jpg


 ※撮影日:2013年11月30日
[PR]

by alpine3180 | 2013-11-30 18:58 | 富士山_黎明
2013年 11月 24日

『諏訪の街灯りと黎明富士・高ボッチ高原』

b0244602_2014172.jpg

 高ボッチ高原のハイライトの一つといえば朝焼けと富士山と諏訪の街灯りのコラボレーション。この日は見事な朝焼けが広がりました。先の記事で記述の通り、しばらくの間霧が立ちこめ全く視界が利きませんでしたが、日ごろの行いが良い性か(笑)、朝焼けの時間だけ一瞬(ほんの2,3分)霧が晴れました。4枚目の写真のようにふっと富士山が浮かび上がり、3枚目のように霧が立ち込めてはいるものの、諏訪の街灯りが姿を出し、やっと視界良好となり、雲海が少し野暮ったいですが見事な朝焼けがわずかに諏訪湖にも映るほぼイメージしていた通りの情景が広がりました。

 高ボッチ高原への林道は12月上旬に冬季閉鎖される予定です。雪道を徒歩で歩いていくことも出来ますが、私は技術も体力も装備もないので再訪は雪解けまで待つこととします。でも。。。雪景色の朝焼けも良さそうだなぁ。。。

b0244602_20142160.jpg
b0244602_17121148.jpg
b0244602_1712359.jpg


 ※撮影日:2013年11月23日
[PR]

by alpine3180 | 2013-11-24 17:30 | 富士山_黎明
2013年 11月 10日

『高ボッチ高原の夜明け』

b0244602_1124555.jpg

 自宅を出発する時点でのこの日の諏訪・北杜・甲府・山中湖方面の天気予報は夜中から午前中いっぱいは晴れ!でした。自宅からここ高ボッチ高原までは片道3時間ぐらいかかりますので、霧で視界なしとか厚い雲で富士山が全く見えないとかは出来れば避けたく、前日から何度も天気予報を確認していました。予報では晴れでも不安は拭い切れず、途中の相模湖周辺で霧が発生してると不安、甲府を過ぎた辺りから空が雲で覆われてると不安、諏訪湖SAで岡谷方面の山に雲がかかってると不安の連続(笑)。最終的には高ボッチ山への林道を登るにつれ不安は解消されるわけですが。。。

 まだ一台も車が停められていない頂上付近の駐車場に車を止め、真っ暗な遊歩道をヘッドランプを頼りに10分ほど頂上に向け歩を進めると諏訪の街灯りがキラキラと輝いているのが見え、空には流れ星と満天の星。 雲海もかろうじて諏訪湖が見える程度に広がっていましたが、時間の経過とともに諏訪湖も街灯りも完全に覆うようになっていきました。

 日の出の時刻が近づいてくると富士山方面の空は綺麗な朝焼けとなり、かろうじて雲海からもれてくる街灯りとの共演となり幻想的な景色が広がります。時間の経過とともに刻一刻とかわる色彩をとらえようとシャッターを切り続けました。

 結局朝の3時ぐらいから8時ぐらいまで5時間ぐらい撮影に没頭していました^^;。その間ず~っと立ちっぱなし、かなり寒くて鼻水は垂れるは手は悴んで感覚がなくなるし。。。

b0244602_11241879.jpg
b0244602_11245475.jpg
b0244602_1125380.jpg
b0244602_11251261.jpg


 ※撮影日:2013年11月9日
[PR]

by alpine3180 | 2013-11-10 11:50 | 富士山_黎明
2013年 09月 22日

『黎明富士・高ボッチ高原』

b0244602_19531023.jpg

 日の出の直前になると街の灯りも薄れ、主役は雲海と紅く染まった空に交代です。この瞬間が(も?)撮りたくて霧で何も見えない高ボッチに何度も来たかと思うと感慨深いものがありました。

 今回は天気予報と天気図を何度も確認してからやって来ました。まず諏訪方面だけでなく、東京、丹沢、富士吉田、甲府すべてが1日中晴れになるかを確認し、天気図で日本列島本州が高気圧で覆われているかも確認しました。やっとそんな天候とスケジュールが合う日がやってきたのがこの日です。予報どおり視界良好で富士山もはっきり見えますし、雲海も諏訪湖が見える程度にちょうどよく広がって、空も綺麗な色となりました。

 ここ高ボッチは超一流の撮影ポイントだと思います。高速道路のICからも近く、駐車場も撮影ポイントも広く大勢のカメラマンを収容するキャパシティもあり、何よりそこに広がる景色も最高です。ただ、もちろん難点もあります。まずは山頂までの道路が狭く、対向車があると少し厄介なこと。往きはみなさん山頂を目指しますので対向車はほぼありませんが、撮影を終えた帰りはハイカーの車が登ってきますのでご注意を。そして何より天候により霧が発生しやすかったり、富士山までの視界が確保されるかはあまり確率は良くないようなところです。それでもわずかな期待にかけて出かけてしまうのがカメラマンの悲しい性です。

 今シーズン中にもう一回ぐらい出かけられるタイミングがあればと思っています。次回はかなり寒いんだろうなぁ。。。

b0244602_19532256.jpg
b0244602_19533237.jpg
b0244602_1954038.jpg
b0244602_19534956.jpg


 ※撮影日:2013年9月21日
[PR]

by alpine3180 | 2013-09-22 20:46 | 富士山_黎明