2016年 06月 12日

『初夏の八千穂高原・Part1』

b0244602_15444459.jpg
※駒出池

八ヶ岳の北東に広がる火山の噴火で出来たなだらかな丘陵、八千穂高原。近くには清里や日本一標高の高いJRの駅として有名な野辺山などの観光地がありますが、八千穂高原は比較的開発が進んでおらず自然豊かな情景が広がっています。
梅雨の晴れ間の早朝、カッコウ、ホトトギス、ツツドリ、キビタキ、コルリなどの囀りが聞こえる高原ならではの雰囲気を感じながら周辺を散策します。
まずはオートキャンプ場近くの駒出池に寄り添うように咲くレンゲツツジ。すでに散り始めという様子でしたが、新緑の水鏡の傍で綺麗な姿を見せています。
その後、さらにオートキャンプ場の奥に流れる渓流にコマドリの姿を求めましたが。。。いませんでした;^_^A 《つづく》

b0244602_16384910.jpg
※八千穂高原自然園内のもみじの滝


※撮影日:2016年6月11日
[PR]

by alpine3180 | 2016-06-12 16:42 | 森林・丘陵


<< 『初夏の八千穂高原・Part2』      『3年ぶりの星峠の棚田・Part3』 >>