2013年 10月 13日

『秋深まる小田代ヶ原・奥日光』

b0244602_11433581.jpg

 奥日光戦場ヶ原の西に位置する小田代ヶ原。写真愛好家を始め四季折々多くの人が訪れる場所です。私のあまり訪問者がないブログでも”小田代ヶ原”で検索されてくる方がとても多くいらっしゃるようです。

 そんな小田代ヶ原・奥日光に秋の訪れを聞き、草紅葉やミズナラの黄葉、そして貴婦人と呼ばれるシラカンバの木を撮影してきました。

 朝4:30赤沼車庫からの始発バスに乗車。バスは超満員(笑)、乗車口の階段にも人がいます。まだ真っ暗な中ヘッドランプをたよりに木道を進み、おおよそのあたりをつけて撮影スタンバイ。徐々に夜が明け、男体山の向こう側から太陽の日差しが周りの山々の頂上付近を照らし始めます。そして男体山の肩口から太陽が姿を見せると湿原を暖かい光で照らし始め、まだらではあるものの草紅葉の綺麗な情景がはっきりと見えるようになります。

 刻一刻と情景は変わり、周りの木々も照らし始めるようになるとゴールデンタイムは終了のようです。朝もやや霧の発生がなかったのが残念でした。

b0244602_1144851.jpg
b0244602_11441652.jpg
b0244602_11443160.jpg
b0244602_11445548.jpg
b0244602_11453265.jpg
b0244602_11454283.jpg
b0244602_11455429.jpg


 ※撮影日:2013年10月12日
[PR]

by alpine3180 | 2013-10-13 12:06 | 草原・湿原


<< 『錦秋竜頭の滝・奥日光』      『コスモスとE6系甲種輸送』 >>